FC2ブログ
2019/11/28

落書き61

qreqerq243115145rrt242352452tg24.jpg

OpenXcomの大型MODであるXpirateZに手を出してみた。
ちなみにOpenXcomは、初代Xcomやその続編にあたるTerror from the deepを、現代のPC環境で遊びやすくしたオープンソースのXcomクローンである。
先日久々に2chを見たと記事に書いたのもこのXpirateZのためであり、一昔前にこのMODがXcomとJagged Alliance兼用スレで紹介されていたのを覚えていたからなのだけど、今となってはもうスレッドそのものが無いみたいで、当時の情報を得ることは叶わなかった。
仕方ないのでマニュアル見ながら手探り状態で遊んでいるのだけど、意外にも遊びやすく、RPGなどのスローテンポでコツコツやってくゲームに耐えられなくなった自分でも不思議とすごい楽しめている。
しかしながら、アイテムの種類や研究ツリーが異常に膨大だったり、バラエティに富んだ敵の種類に圧倒される。
細かいストーリーのバックグラウンドは、ゲーム起動時に毎回表示される10ページ近い膨大な英文に詰め込まれていそうな気がするが、読んでないのでほぼわからない。
とにかく人を超越したミュータントの女海賊達を指揮して、他の勢力にやられないようにマネジメントするのが目的といって差し支えないだろう。

XpiratesZ2.jpg

ちなみにこのMODはおそらくR-18指定となっていて、作者の趣味であるのか研究成果の画面背景などで無駄におっぱいが出てくる。
ただし、奥ゆかしさのかけらもないアメリカナイズなおっぱいばかりなのであまりエロさを感じ無い。
研究の進んでいない序盤などは、女海賊というよりはアマゾネスに近い裸族状態。
裸でチェーンソー振り回す筋骨隆々の女性の需要は日本国内ではそうそう高くないのは想像に難くない。

XpiratesZ1.jpg

特徴的なシステムとしては、近接武器が非常に強力であることで、場合によっては遠隔武器よりも主力になりえるポテンシャルを秘めているように感じる。
隣のマスに敵がいると遠隔攻撃にペナルティが生じるというシステムや、Ctrlを推しながら移動することでスタミナを犠牲にTime Unit(行動力)を節約できる駆け足が使用できたり、武器によっては様々な能力値からダメージ補正を得られるバランスだったりと、近接武器がかなり優遇されている。
とはいうものの、やはり手塩にかけた隊員が銃で撃たれてあっという間に殺されるのは怖いので、どうしてもこちらも遠隔で慎重に応戦するプレイスタイルになってしまう。
ノーマル難易度とは言え強制セーブの鉄人モードでやっているので、余計に慎重にならざるを得ない。
スポンサーサイト