FC2ブログ
2019/06/17

落書き41

qerfqerqer3113413t4r41451413.jpg

いつもいい加減に服のデザイン考えて細部をうやむやに済ませているので、少しは練習しようと思ってPinterestで目についた人物の服装を拝借して描いたのだけど、写真に写っていないパーツや角度があったりすると、結局うやむや曖昧五里霧中な気分に陥ることが判明したので、いつもの落書きに落ち着いた。
服装の組み合わせってさすがに著作権的なもの発生したりしないだろうから元ネタまでわざわざ掲載する必要はないのだろうけど、一応参考にした写真のURLもメモがてら以下に掲載しておく。
1 2 3 4 5
そもそもPinterest自体が著作権的なものをないがしろにしてる節が無きにしもあらず。

Prey_1.jpg

Preyというゲームをセールで購入。
二年ほど前に、接着剤を発射する武器が面白いとネットの友人が絶賛していたのが妙に印象に残っていたのだが、プレイして程なく入手できたグルーガンというものがどうやらそれらしい。
確かに敵の鈍化、拘束に使える上に、壁に発射して生成される塊を足場にできるギミックは面白い。
ところで、Preyといえば自分の中では、10年前くらいの3DFPS黎明期にリリースされたネイティブアメリカンの青年が酒場で宇宙人に拉致られて、宇宙船の中を文字通り縦横無尽に駆け回るゲロ酔いFPSであったが、無関係の同名タイトルかと思いきや、なんとそのPreyをベースとして改めて作り直したものが本作ということらしい。
正直古い方のPreyの内容はあまり覚えておらず、3D酔いをとうの昔に克服していたはずの俺を酔わせるほどのおぞましいレベルデザインだったということと、ネイティブアメリカンの特殊能力がやけにファンタジックだったことくらいしか記憶にない。
新作は酔いはしないもののいい意味で色々裏切られた感が強く、単なるストーリーベースのFPSではなくて、システムショックやDeus ExなどのRPG的な要素が強いFPSであったことに一番意表を突かれた。
序盤を少し遊んだだけでもすごく面白そうな気配は伝わってくるのだけど、例によってまたいつの間にか起動しなくなるなんてことにならないように気をつけなくては。


祖母に買ってもらったファミコンソフトのタイトルを急に思い出してYoutubeで検索かけたら、見事にOSTがヒットした。
今改めて聞くと、めちゃくちゃカッコいいメロディの曲が多くて驚く。
スポンサーサイト