FC2ブログ
2019/03/27

落書き23

rewrtewryhrtetwt453t342thtb.jpg

ジョジョ5部がアニメ化されてると知ってDアニメで視聴しているけど、漫画では想像に委ねられているコマとコマの間の描写が独自の解釈で描かれたりしてるのが見ていて面白い。
ジョジョの戦闘で一番好きだったホワイトアルバム戦をアニメで見られたのが何よりだし、この調子で行けば、もしかしたら俺の読んでいない7部以降もアニメで見られたりするのではないかと期待してしまう。

発売日に購入したSekiroだけど、計6時間プレイしてわかったのは、アクションゲームとして十分に面白いということと、一方で、ちょいちょい他でも話題になってるとおりに難易度が非常に高いこと。
ボスと思われる個体は、火牛と乗馬侍、薙刀侍の計3匹を撃破したけど、達成感よりも疲労感のほうが高いレベルの難易度である。

sekirono1.jpg

もともと高難易度のゲームは好きなんだけど、このSekiroは高難易度の更に向こう側に到達している感じで、ある意味ではファミコン時代に逆行したかのような理不尽とも思える部分が多々ある。
そして、真っ向勝負に固執してしまう俺のプレイスタイルも合わさってか、とにかく疲れるゲームになってしまってる。
これは決してゲームそのものが悪いのではなく、完全に俺自身の実力不足と、ゲームに対するモチベーションなどが昔と比較して大きく減衰している状況などが主な原因なのだけど、Sekiroのボスのモーションを研究する時間を絵を描く時間に充てたいとかプレイしながら考えてしまうあたりがもうモチベ維持を困難にしてしまっている。

sekirono2.jpg

とはいえゲーム自体は本当によくできているし、Mount And BladeやChivalryのような相手の攻撃を読んで捌く剣戟アクションに通ずる爽快感があって、戦闘システム自体は本当に好みである。
ただ、かっこよく真剣勝負したいとなると、とにかく死にまくって相手の動きを研究するしか無いという難易度なので、なかなかぶっ通しでプレイできるほどの熱を維持できない。
初代ダークソウルもモチベ維持に失敗して4.5年越しにクリアしてるような人間なので、これもそれくらいかかるのを覚悟でのんびりプレイするべきだろうという結論が自分の中で導き出されて、ここ数日は起動すらせず、Deep Rock Galacticでドワーフとして鉱石を掘りに行くのがメインな状態である。
スポンサーサイト