FC2ブログ
2019/01/06

落書き15

tearagjoewjroqgq121.jpg

この絵柄でなんとか人間の顔に見えるように描こうとすると、いくらパーツの形やバランス変えても最終的に大体全部同じ顔になってしまうのが全然改善されない。
それはともかく、ファンタジー作品にエルフなどの耳が長いキャラクターが登場するたびに思うんだけど、就寝時に寝返りうてなくて凄く大変そう。
耳の長さや角度によっても変わってくるのだろうけど、耳が長い上に角度が後頭部側に振り切れたりなんかしてる個体は、寝返りどころか仰向けにすら寝られなくなりそうだ。
そう考えるとうさぎの耳が頭のてっぺんから生えてるのも非常に合理的と言えるし、俺の想像上のうさぎは、ベッドの上で自由自在に寝返りうてて仰向けになって安らかに眠れていて微笑ましい。

Opus Magnum - ロケット推進剤 (160G, 110, 35, 2019-01-06-19-58-42)

興味あるゲームがないと散々文句垂れた記事を書いておきながら、先日のセールでさりげなく購入したOpus Magnumをプレイしてる。
開発元のZachtronicsが出してるパズルゲームって、全体的に一癖も二癖もある反面滅茶苦茶面白いものが多く、仮想のプログラミング言語を取り扱った作品まであって、素人にはややハードル高めな難解なものもあったりするのだけど、クリアすればちょっと頭良くなった気にすらなれるのが嬉しい。
個人的には、FPS視点でライン工場を作るInfiniFactoryが一番のお気に入りだ。
そしてこのOpus Magnumも、これまでリリースされた作品の集大成とも言える丁度いいバランスに仕上がっていて、とりわけSpace Chemの軽快さとInfiniFactorymの視覚的なわかりやすさをいい塩梅にブレンドした内容に仕上がってるように感じる。
解答をこうやってGif動画に簡単に出力できる機能があるのも面白い。
Zachtronicsのパズルゲームに共通してるのは解が一つじゃないというところであり、このOpus Magnumもパズルを解いたあとに、いかに同様の生産物を最小構成で作ることができるか追求を重ねることができるし、頭のいい人は初回の解答からスルッと最適解を導いたりしていそうで、自頭の良さが試される部分もある。
問題ごとに、使用したパーツやエリア、工程数などのプレイヤー統計も取られていて、クリア後にその回答がどれくらい少なく効率化できているかを他のプレイヤーとの比較として見ることができる機能もあり、大抵の場合、統計の平均値を大きく上回ってしまう俺は、一般的なプレイヤーよりも頭が悪いのだという認識が解を重ねるごとに深まっていく悲しいゲームでもある。
スポンサーサイト