FC2ブログ
2018/07/10

落書きとボトムフィッシング

wsqfeqegqeqreqgqeqrq232.jpg

Rusiaan Fishing4にてフィーダーロッドを購入したので、ついにボトムフィッシングデビューを果たせた。
投げ込んでしまえばあとは待つだけ。
ロッドの先に魚のアタリを知らせる鈴がついているので、鈴がなるまでのいとまを、本を読んだり裏でネットサーフィンなどで潰せるのが嬉しい。
落書きもはかどるので、いまだかつてないほど大量に線画を描いて遊べたのだけど、筆が乗り始めたところでチリンチリンと鈴が鳴りまくって入れ食い状態になると、やや鬱陶しく感じてきて本末転倒だったりもする。

qeojrqoeqreoqRF412.jpg

しかし、F2Pということもあってか、経験値やお金まわりがかなりシビアで、未だに初期ランクの道具で我慢せざるを得ない状態である。
頑張って釣り上げた魚も、カフェの買い取りオーダーが無ければはした金にしかならず、大物を釣り上げるための道具すら揃えられないといった感じ。
そのような長期プレイに狙いを定めたバランス調整とは別に、そもそも、釣りのシステム自体に判然としない部分が多々ある。
さらに、俺自身の経験不足な釣りスキルや浅はかさなどから、どうにも釣れない状況に陥ったときの原因というのが不明瞭で、対策を立てようが無いことが多い。
とにかくしぶい中で、ちまちま小物を釣り上げてるうちに、気づけばレベル12に到達していたような牛歩のペースではあるが、なんだかんだで釣り場は綺麗でロケーションも豊富だし、仕掛けの吟味もあれこれ悩めてものすごく楽しめている。
スポンサーサイト