2018/05/30

落書きと内なる紛争

gqrqgqrtgetqteqrereqrqe.jpg

最近は意識的に肌を塗る練習も兼ねた絵を描くようにしてるんだけど、露出度が上がると当然考慮する部分が骨格くらいに収まるおかげで、凄く描きやすくて楽しい。
一方で、ファッションセンスゼロにも関わらず肌を露出させるためにでっち上げた突飛な衣装の数々には、目を瞑るしか無い。

だいたい生まれてからこれまで一度もファッションについて理解できたことが無い。
時代の流れでコロコロと流行ったりダサくなったりする曖昧な基準をみると、実のところファッションとは、ファッション業界がでっち上げて集合的無意識に根付かせることに成功した壮大な妄想なんじゃないかとすら思う。
ハーフライフの科学者が「なんで俺らこんなバカげたネクタイしてんだ?」って愚痴るセリフなども、まさにそのとおりとしか言えない。



一昔前まで着物や作務衣とか着てた奴らが、ビジネススーツとか着出して首から垂れ下がってる紐の色や、襟や袖、裾から出るシャツの色とかにこだわったりなんかしてるのを見ても、一体何が起きてるのかさっぱりわからん。
と、こんな具合で俺にとってファッションはもはや敵視するに至るほどの無理解極まる存在であり、人は理解できないものに恐れを抱くものである。
とはいえ本音を言えば、よくわからないながらも実際にかっこよく見えたりそうでなかったりする色やシルエットの組み合わせが存在するという事実があるのは否定出来ないので、何かをデザインしなくてはならない状況に立ち会った際には、パリコレの奇異なファッションなどを見て自分を勇気づけるしかないのだった。


Wfr2jofewqojfq1.jpg

Warframeで、メインクエストの一つ「内なる紛争」をクリアした。
これまでのクエストのような、ひたすら寡黙なフレームにロータスが一方的に指令を出したり取り巻きが騒いでいるだけのものとはうってかわって、かなりドラマチックなクエストとなっていた。
その理由は明白で、内なる紛争の前のメインクエストで存在が明るみになった、フレームの中の人であるオペレーターにフォーカスが当てられていることが大きな要因だろう。
このオペレーターはプレイヤーの化身という立ち位置でありながらも、主人公として固有の意思を持ち会話にも参加する。
そうして、今までストーリーを回す役割をロータスや他の主要人物などの第三者に委ねられていたところを、主人公であるオペレーター自身が担うようになったおかげで、かなり臨場感が増したように感じる。

Wfraojeioqjoqgq2.jpg

gqerqoqtqoqgjqowf3.jpg

展開もかなり熱く少年漫画と見紛うようなシチュエーションがあったり、非常に絵になるカットシーンなどが随所で挿入されてストーリーを盛り上げるのだが、実のところロータス以外の主要人物をまともに把握していないため、ちょっとよくわかんない奴らが熱い展開やってる!といった程度の認識に留まる。
なんだかとてつもなく強キャラ感醸し出してるTeshinという男や、なんちゃらクイーンとか、正直超がつくほどの重要人物であるのだろうけどほとんどわからない。
これらは数年のブランクといくつかの斜め読み、イベントスキップなどによって生み出された状況であるが、そもそもこれまでのストーリーが難解で抽象的すぎたのが悪いんだと開き直るしかなかった。
今回のクエストで中心人物の一人であり、オペレーターにある役割を押し付ける首謀者となるTeshinも、俺の中ではぽっと出で厚かましくも師匠ヅラしてるやつでしか無く、Teshinの予期せぬ行動の数々に振り回されるオペレーターとの感情の温度差が激しいままクエストクリアに至った。

gqefqgiqoeqrqwf4.jpg

qefqgrfqjgqowf5.jpg

このクエストをクリアすることで、ゲーム中任意にフレームからオペレーターへと転移することができるようになり、オペレーターのVoidモードが必須なミッションやいくつかの攻略に役立てることができるようだ。
さらに、フォーカスというオペレーターの成長要素などもアンロックされRivenMODと呼ばれるランダムに性能が変化するMODの存在も明らかとなった。
これまでひたすらMOD集めと武器強化に終始していたゲーム内容だったが、ついにエンドコンテンツに近づいてきた実感が湧いてきた。
とはいえ、未だにMODは手に入れてないもののほうが多いし、RivenMODが入手できるソーティミッションも敵が強すぎて手が出ないしで、エンドコンテンツの全貌に触れるのはまだまだ先となりそう。
だいたい、足掛け3年という長いスパンでプレイしてるにも関わらず、LokiとOberonとRhinoの3体しかフレーム持ってないという現状がおかしいので、そのあたりから少しずつ改善してエンドコンテンツに挑みたい。
スポンサーサイト