FC2ブログ
2018/04/10

落書きとShroud of The Avatarその5

grqqrthyujkikio,

しばらくモニターのガンマ設定を上げて絵描いていたのだけど、元の明るさに戻すことにした。
モニターガンマを2.2に合わせると、俺の安物モニターではグレースケールでの黒寄り部分が識別できなくなってしまうんだけど、それが識別できるレベルに明るさ調整してしまうと、今度は全体的に明るすぎるというジレンマにさいなまれる。
ところで、白目の部分が黒いのって格好いい上に多少顔の造形が崩れてても気にならなくなる気がするけど、この特徴の一般的な名称がわからない。
例えば、耳が長いのはエルフ耳だとか青い肌は青肌などと言うけど、白目が黒いのはなんと言われてるのか。オタクでありながらオタクなコミュニティに全く属してない俺には知る由もない。白黒目だろうか。
さらにこの、局所的に視覚情報を遮断する下着の名前も、ローレグなのかローライズなのかわからん。

Shroud of the Avatarの方はもうとりたてて書くほどのこともなく、のっぺりとした平坦な道を、ひたすら出会うモンスターを倒しながら進んでいる感じ。
というか、オーバーマップ上で入れるエリアの数は結構あるんだけど、中の構造や環境が違うだけでモンスターの種類も少ない気がする。
これまでに出会った敵対生物を大別すると、沼エリアで遭遇したワニや蜘蛛、どこでも見かける骨やリッチにゾンビ、森林エリアで狼や熊、砂漠でサソリ、その他は各種属性エレメンタルにスライムとコボルト(?)、最後に盗賊などの人型ときて、おまけでミミック。これらがエリアレベルに即した強さで登場する。
おそらく出会っていないだけで遠出すればもっとたくさんいるのだろうし、モンスターの種類が多ければゲームが面白くなるってわけでもないのだけど、普通にプレイしてる限りはなんだか変化に乏しい。
マップもどこも似たような感じで、たまに短い洞窟や坑道らしきものはあれど、中に資源採取スポット以外の特別なものがあるわけでも無い感じでイマイチ盛り上がりに欠ける。

Sota5_2.jpg

ベンダーから狼の帽子を購入。
今まで被っていたダセー皮兜から変えれば少しでもワイルドさが出るかと思ったら、全然そんなことはなかった。
というかむしろ余計にダサくなった気がする。

Sota5_3.jpg

いや、もっと目深にかぶるとか、末広がりのフードつけるとかしないと駄目だろそれ…。
どう高く見積もっても頭かじられてるようにしか見えんぞ…。
750ゴールドもした上に返品もできないので、とりあえず装備し続ける他に選択肢は無いんだけど、これ冒険者の間でも浮くし、仮装パーティでも浮くだろ…。
ある意味で孤高の存在となりつつある。

Sota5_4.jpg

個人ベンダーの方も接客の基本がぜんぜんなってない。
名前見えるのに店員さんいねーなと思ったら、大抵カウンターの向こうで地面に座ってやがるやる気の無さ。
おそらく土地管理者がベンダー設置時に姿勢を設定できるのだと思われるけど、カウンター越しに地面に座らせる決意をした管理者の意図がまったくつかめない。
買っていただくのではなく、売ってやるという気概の現れだろうか…。
というか、横に椅子あんのになんで地面に座るのかな…。

Sota5_1.jpg

Tier5エリアにいた熊。
ものすごく大きくて強いけど、なんか知らない間に自キャラも成長していたらしく、さほど労せず倒すことができた。

ところでこのTierって一体いくつまであるのだろうか。
Tierとは、オーバーマップ上でエリアごとに割り当てられている、言い換えれば先述したエリアレベルのことで、中に生息する生物の強さがこの数値によって変わる。
今の所5まで確認しているもののそれ以上は見ていないので、これが最高なのかもしれない。
ただ、ドラゴンなどのボスクラスのモンスターと戦ってる動画もあるので、もしかしたらTier6以上のエリアが行ってない地方にあったりする可能性もある。
何にせよ、今後もこれまで通りにマップ探索しつつボスモンスター探しも追加で行い、ゆくゆくは(可能なのか知らないけど)ソロでのボス撃破を目指したいところだが、Ultima Onlineの傾向から類推すると、気の遠くなるようなキャラの強化と装備品の厳選が必要となってきそうで、正直そこまでモチベーション続かないかもしれない。
スポンサーサイト