FC2ブログ
2018/04/04

Shroud of the Avatar その3

あいもかわらずわけもわからずワニや狼などの野生動物と、骸骨やゾンビなどのアンデッドをひたすら倒す日々。
システム的にはメインストーリークエストや多数のサイドクエストも用意されているのだけど、NPCとの会話ウィンドウを出しっぱなしにして1分ほど放置すると、勝手にウィンドウが閉じてNPCが歩き去ってしまうクソ仕様のせいで、英和辞書見ながら意訳しつつプレイするのが億劫になってやっていない。
さらに、攻略サイトなどで情報収集なども一切せずに手探り状態でプレイしてるがために、自分がやっていることが果たしてこのゲーム的に正しいことなのか間違っているのか、成長してるのか停滞してるのか、何もかもわからない状態が未だ続いている。
敵の強いエリアに行くには装備やアイテムが心もとないが、骸骨戦士の顔もいい加減見飽きた俺は、Soltownの近所の沼よりもひと周りほど遠いエリアに行ってみることに。

Sota3_1.jpg

オーバーマップの時点でも視認できていたのだけど、エリアに入るなり、何やらものものしい塔がそびえ立つのが見える沼地。
その名も、Tower of Shuttered Eyeというらしいが、それらしいシンボルがあるわけでもなく、どのへんがShutteredなEyeなのかわからないけど、とにかくSoltownの近所にある塔のダンジョン。

Sota3_2.jpg

塔という性質上、中はさほど広くなく、一階広間のエントランスに向き合う形で最下層から各階層を通って最上階まで続く階段が伸びているだけのシンプルな構造。
各階には用途のわからない部屋とアンデッドやスライムが待ち構えていたが、特に苦戦することもなく上へ上へと進んでいき、6階あたりの大広間に差し掛かった時に、なんだか見たこともないレベルで名前が赤い敵を発見。
っていうか名前の色で敵の強さがわかるってシステムにこの時点で初めて気がつく。
リッチメイジとかあからさまにヤバそうな名前だけど、対峙してみるとHPや攻撃力自体はそれほど高く無く、一対一ならほぼ圧倒できる強さだった。しかし、周囲の骸骨兵が加勢してきてとてもソロでは捌ききれない数に。
ひーこら言いながら一階まで退却し、階段越しに敵の戦列が間延びしたところを各個撃破しまた上階に戻るのだが、その間に各階でリスポーンした雑魚に足止めを食らって、足止め食らってる間にまた先程のリッチメイジを含めた軍団がリスポーンという無限ループに突入。
…というのが実は昨日までの出来事で、ここで入手した多くのドロップ品を売るという工程を踏むことで、時間はかかるし微々たるものではあるが、ちょっとしたお金稼ぎができた。
さらに今日は、キャラが少し強くなったこともあってか、気づいたらリスポーンよりも早くリッチメイジのいた階層に戻ることができ、より上の階層に行くことが出来るようになってた。

Sota3_3.jpg

最上階にはリッチアーチャーと強化骸骨兵が待ち構えていたけど、個別撃破できる配置だったためかさほど苦労せず一掃。
一息ついて振り返ってみると、アンデッドがひしめいていたり、仰々しい拷問器具が壁に据え付けられていたり死体があったりと、下から上までとにかくずっと殺す気満々な死臭漂うデザインの塔だったけど、どうやらこの階で終点のようだ。
というか、近所にこんな物騒な塔が建ってるって冷静に考えるとスゲーヤバイけど、SoltownのNPCも皆ストレスによる胃炎とか逆流性食道炎とかでQoL(生活の質)下がりまくってそうだ。
町の誰か一人でも、「あの塔ヤバイから取り壊そう」って切り出して共同で発破でも仕掛けて爆破解体すれば済むような気がするんだけど、よく考えると塔の周りもレベルの高いモンスターがうようよいたので一般人には手が出せないレベルなのかもしれない。
そういえば、2年ほど前にやった早期アクセスのプレイ時に、SoltownのNPCからアンデッド絡みのクエストとか受けてたような記憶があるけど、実はそれがこのダンジョンのクエストで、今回の攻略で2年越しのクリアとなって報酬がっぽりもらえたりしないかな。
なんにせよ、SoltownとSuttered Eyeの位置関係は、あと10年で噴火するって言われて何事もなく20年経ってる山があるうちの近所と同じくらいヤバイ立地だ。

話を戻して、最上階には宝箱が4つも並んでいる部屋があったのだが、箱の中身はいずれも10ゴールドとか5ゴールドとか小銭とゴミ(マジでゴミ(本当にゴミ))しか入ってなくて、それ中身よりも箱のほうが高いだろってレベル。
というか箱に限らず、敵のドロップするゴールドもとにかく小銭ばっかりだ。
アンデッドが金持ってないのは、金持ってないから死んでアンデッドやってるんだってことで納得してたし、盗賊が金持ってないのも同様に、金無いから盗賊してんだ、で納得していたのだが、リッチはアンデッドでいうところの上位か、少なくとも中級以上であるはずなのに小銭しか持ってなくて全然リッチじゃない。
キャラ強化して強い敵を倒せばその分報酬も増えると思っていたが、このリッチのドロップ品のショボさが物語るのは全く別の未来。
それは、どうあがいてもリッチになれないという恐ろしい未来であり、どうやってお金を稼げば良いのかまた途方にくれてしまいそうだ。
スポンサーサイト