FC2ブログ
2018/03/26

落書きと雑記

gqgqrhhrqqtqgqetht.jpg

初代プレイステーションゲームの好きなキャラを描いていたが、いくつか描き終えるうちに、ベースカラーが青や紫系統のキャラクターに好みが偏ってることに気づいて驚いた。
ちゃんと伝わるか疑問だったりマイナーすぎる作品もあるので一応解説すると、左上からデュープリズムのミントにマヤ、ブレイブフェンサー武蔵伝のトポと続き、ワイルドアームズ2のマリアベル、ネオリュードのアリア、スターオーシャンのレナにブレスオブファイアー3のモモ、Serial Expriments lainのレインである。
普段はオリジナル性のかけらもないオリジナルキャラばかり使って落書きしてたから、こんなに版権キャラを描いたことっておそらく初めてだ。
ところで、スターオーシャン2のレナはオフィシャルアートではよく見ると左手に剣を持っているのだが、ゲーム中は基本的に魔法詠唱主体であり、近接戦闘した場合でも剣なんて微塵も使わずバリバリ素手の武闘派だったはずで、描いててかなり困惑した。

話題を変えて、宇宙よりも遠い場所というアニメを見たのだけど、女性数人が主人公でありながら珍しく恋愛や日常系ではない方向で、ドラマ性のある作品でかなり楽しめている。
女子高生3人と女子高生じゃない一人の計4人が、南極へ行くためにあれこれ頑張る作品で、宇宙兄弟とかふたつのスピカのような、目標に少しずつ近づいていくタイプの作品に出会うのは久々である。
それにしても最近の女子高生アニメは、アニメとはいえとにかく見境なくなんでもやってる気がする。
アイドルになったりバンド活動したりなどはまだ考えられる範疇だけど、旅館の仲居をしたりロケットで宇宙に行ったりとか、果ては戦車で他校と戦車戦繰り広げたりするものまであって、女子高生とはなにかといった究極的な疑問にまで昇華するほど何でもこなしていて驚く。
日本のドラマや海外ドラマの方でもネタ切れなのか、かなりぶっ飛んだ設定の作品が目に見えて増えてきたように思うけど、同様の流れがおそらくオタク文化の方面でも少なからずあるのだろう。
今後10年20年と時間が過ぎた時に、今の時点でもすでにネタ切れ感のある娯楽文化がどのような変遷を辿っていくのかかなり興味深い。
スポンサーサイト