FC2ブログ
2017/12/29

某バトルロイヤルゲームと落書き

fwghwgwggwhgrtwgw.jpg

Steamで不動の一位の座を長いこと確立している某バトルロイヤルゲーム、同時接続プレイヤー数が200万とか超えててちょっと信じられん。
俺自身はあまり好きなタイプのゲームじゃないので手を出していないのだけど、200万超えゲームのマルチプレイ事情がどうなってるのか覗いてみたい気持ちもなきにしもあらず。
未だかつて、これほどの人数が一つのゲームのオンラインマルチに集中したことって無かったと記憶してるけど、いろんなタイミングが重なった結果なのか、あるいはプレイしてみると本当に面白いゲームなのか、動画などを見てもいまいちよくわからない。
おそらくは、このバトルロイヤルというジャンルが同種のゲームを通して徐々に洗練されてきた土台の上で、STEAMの販売リストがパッとせず他にやるゲームもない中、Twitchなどの動画配信技術の発達と普及によって形成された絶妙な宣伝効果によって織りなされた、爆発的なブームであると思われるけど、間違いなくゲーム史上に残る瞬間であるのは間違いようのないくらい間違いないと思う。多分。
間違いがあるかないかでいったら間違いは無いと言えなくもないし、間違ったかもと思ったとしても、それ自体が間違いである可能性も否定できなくもないので、間違いない。多分。

そんなわけでこの歴史的瞬間にゲーマーとして立ち会うべきか否かを、今年の後半はずっと考えていた気がするけど、いろんな流行の大波に常に乗り遅れては、あえてその波に乗らなかったというスタンスを取り続けて自身を取り繕う俺にとって、このゲームは興味ないね、という体でいったほうがより自分らしいといえる。
こういった他の評価や状況に流されず、自分らしさを常に見失うこと無く貫きとおす俺を見習って、ワコムのドライバもすぐ自分探ししようとするのを即刻やめてほしい。さっきもペンタブドライバのエラーで面倒なことになった。

41414144444.png

大体、PUBGへのチケットは3300円で手軽に買えてしまうが、その逆はおそらくゲーム史上最も険しい道のりになるであろう。
なんせゲーマーの多く、200万というとんでもない人数が誘惑に負けて購入に至ったゲームなのだから、それを買わないなんてことは本来ゲーマーであればありえないことなのだ。
だから、老後の老人会とかで、ゲーマーが集ってこの頃の話題になったときに
「PUBGやった?」
「いや、俺はあえてやらなかった」
とすました顔で言いながら、心の底では未プレイを後悔しているような貴重な人種になるべく、俺は邁進する決意を固めた。
死の床で、上記の会話を思い出し、「あの時買っておくんだったなぁ…PUBG」と考えながら死んでいく、そんな人生を俺は今選んだのだ。多分。
スポンサーサイト