FC2ブログ
2017/10/29

落書きとA Hat in Time その2

grewrgwegwrgwwvw.jpg

先日の3Dプラットフォーマーの記事を書いてから知ったのだけど、世間じゃスーパーマリオオデッセイという新作3Dマリオで盛り上がっているようで、そんな中で一人、A Hat in Timeでテンション上がっていたなんて知って少し恥ずかしい。
ゲーム情報サイトなどはめっきり見なくなったし、新作ゲームの情報を得る手段がSTEAMのストアページトップくらいしか無いものだから、世の中のゲーム事情に疎くなってしまって時々びっくりする。

気を取り直して、A Hat in Timeを引き続きちまちま進めているのだけど、とあるステージのミニゲームが地味に怖くてここでもびっくりした。
クロックタワーやデメントのように、追ってくる黒い化物から逃げたり隠れたりしながら鍵を入手してステージを進めていくんだけど、音楽と演出がちょっと本気すぎて怖いし、子供がこれやったら確実に夜トイレいけなくなるだろってレベル。
子供向けのゲームって時々こういうさじ加減ミスったような、過剰なホラー演出とか唐突な残酷表現など平気で入れてきて、強烈な印象を心に刻んでいったりするから恐ろしい。
そういった演出は、思い返すとスーパーファミコンの頃からちょいちょい見かけていて、今でもマーヴェラスの寄生植物とか大貝獣物語のバイオベースなどを代表とした数々のトラウマが俺の心に深く残っているので、ある意味でキッズゲーにおける伝統芸的なものなのかもしれない。

スポンサーサイト