2017/05/24

落書きとその他色々

qerqt31141ga.jpg

このごろ日に日に描くネタがなくなっていくし、それにともなってアップロード用の落書きスペースすら埋めるのも億劫になっていく始末。
ついでに人体のバランスがゲシュタルト崩壊みたいにわけわからなくなってきている。
それはともかく、Dアニメで現在配信中の「アリスと蔵六」ってアニメの絵柄、どこかで見たことある懐かしい感じがしていたのだけど、エイリアン9の絵柄に似ていることに気がついた。
最初の1話しか見ていないけど、こういうあまり他のアニメじゃ見かけない絵柄で動いている作品はなかなか興味深い。

ところで最近は、Youtubeでニュース記事などのコピペ文章を音楽と共に垂れ流すだけの動画を無闇やたらとアップロードしているやつを、地球上から一発で消せるボタンの開発方法を真剣に考えていた。
人類規模の非常に厄介な問題で、恐らく動画をアップロードしている本人たち以外の誰もが俺と同様の考えを持っていることは想像に難くないのだが、とにかくいくつか思いついたものの中で一番現実的なのはたった一つだけだった。
それは、精巧な世界のシミュレートを行える演算装置が実用化されるのを待ったのち、現実を装置内に正確にコピペし電脳空間化。
さらに自分も電脳化することで電脳空間内への侵入を可能とし、Youtubeに文字だけ動画を上げている条件に一致する人物を一発で消滅させるプログラムをスイッチとして電脳空間内に組み込む。
いよいよもって電脳空間内に侵入し、しかるべきときにボタンを押す。
Youtubeに文字だけ動画を上げている奴が消滅したことを確認し、Youtubeに文字だけ動画を上げている奴がいなくなった電脳空間内を現実世界として生きていく。
ついでに、電脳空間内の全てのウォシュレットのボタンを消滅ボタンと連動させ、その後新たに誕生する文字だけ動画のアップローダーの消滅を自動化することで、半永久的に文字だけ動画アップローダーが消滅し続ける電脳空間の完成である。

とはいえ結局のところ、今の俺にできることはコンピューターの性能が上がるのを待つことだけであり、己の無力さを嘆くしか無い。
可愛い動物の動画を見よう検索した幼き者達が膨らむ期待を胸にリンククリックしたその先に、フリー音楽素材とともに下から上へとただただ流れていく文字だけ動画があり、計り知れない衝撃と落胆に苛まれて今もなお苦しんでいるかと思うと気が気でならない。
スポンサーサイト