2018/06/14

落書きとマウントレイル

qgqeqreq111341df.jpg

初代Counter StrikeでSteyr AUGに出逢ってからずっとブルパップライフルが好きだったんだけど、落書きする上でもブルパップは描きやすくて好きだ。
ちなみにブルパップライフルというのは、銃身の後方、グリップよりも後ろにマガジンなどが配されたブルパップと呼ばれる方式が採用されたライフルで、それによって銃身の長さをコンパクトにできるなどのメリットがあるとか無いとか・・・。
いや正直俺も、グリップよりも後ろにマガジンがある、程度の認識しか無いんだけど、とにかく一般的なライフルの形状とはまた違った安定感のあるシルエットで好きだ。
特に、重心とグリップが一致するというのは、絵を描くときのバランスなどの手がかりとしてかなり重宝する。
ライフルを描くとき、真横からの視点はともかく角度がついた場合においては、この銃身の真ん中にグリップという情報は非常に距離感をはかりやすい。


大雑把だけどこんな感じ

しかし、銃も日々進化しているらしく、新作ライフルなどを画像検索で眺めていると、アタッチメント類のマウントベースとなるあのギザギザした溝がゴテゴテとついてるのが目に見えて増えた。
ピカティニーレールやウィーヴァーレール、ダブテイルレールなどの種類があり、総称として一般的にはマウントレールと呼ばれてると思われるが、あれを描こうとするととにかく非常に面倒くさいので、踏み込みすぎない程度に付き合っている。
マウントレイルが付きまくったライフルなどを主人公のメイン武器として登場させている漫画家などが(実際いるのかは知らないが)いたとしたら、おそらく2巻の中頃あたりで何らかの理由をつけてそれをぶっ壊して、新しく描きやすい武器に持ち替えさせるストーリー改変を差し込むレベルで面倒くさいに違いない。
さらに、ただでさえ細かなパーツが沢山付いてるライフルの、上部下部だけでは飽き足らず、サイド部分にまでギザギザマウントレールがついていたりして、気でも狂ったのか銃身全部がギザギザしてるやけくそ気味のものまであったりするのだ。
そういった点から、漫画やアニメのような非効率の塊のような作業に持ち込むにはいささか厄介な存在であるのは間違いなく、AKIRAなどの大友克洋クラスがようやく使いこなせるレベルの伝説の武器みたいなものといっても過言じゃない気がする。
スポンサーサイト
2018/06/08

落書きとStalker

qfjjqhiufhqiufhqifrhu232.jpg

Clip studio Paintのブラシ設定をちょくちょく変えて落書きしてるんだけど、余計な機能オンにするよりも、素直な設定のブラシが一番使いやすく感じて豊富なオプションを全然使いこなせない。
もっといえば、この設定とこの設定を組み合わせたいなと思ったものが、仕様的にことごとく不可能だったりして役に立たないせいで、余計にシンプルなブラシに収束してしまう。



S.T.A.L.K.E.R.シリーズの最終作であるCall of Pripyatのリリースが、Steamによると2010年2月とのことで、すでに8年も経過していることに驚いた。
突然こんなことを言い出したのも、たまたまYoutubeのプレイリストを掘り起こしてたら見つけたDirge for Planetを聞いたからなのだけど、このあたりの年から徐々にPCゲームの勢いが自分の中で失速していったというのもあって、さほど記憶に古さを感じない。
とはいえ、このリリースの翌年に3.11地震が発生して、原発の建屋が爆発した映像を見たときは、リアルにガイガーカウンター片手にSTALKERとしての生活を余儀なくされる覚悟をしていたが、被災地域外においての表面上は意外と平常運転で今日まできてるというのが驚き。
どうでもいいのだが、S.T.A.L.K.E.R.と正式名称で「.(ドット)」を含めて入力するの、骨が折れる。
2018/06/05

落書きとなんにもなし

ergeqtqrqetqtqeqregq.jpg

かなり大雑把に変な生き物描いてると、たまに意図せずめちゃくちゃ卑猥な造形になって掲載できない感じになったりする。

そして、書くことがなんにもないや。
2018/06/02

落書き

grewhwwjwtwtywhtwwhty5434.jpg

顔しっかり描こうとすると男っぽくなるバグがずっと直らない。
ニューハーフっていくら化粧していようが顔見ただけで大体わかったりするけど、そういった、具体的に何かと問われたら筆舌し難いんだけど、存在すると確信できる女性らしい何かの微妙なニュアンスがよくわからん。

WFfoigjqojgoqej1.jpg

Warframeのエンドコンテンツの一つと思われるソーティミッションをクリアしたのだが、さほど達成感を得られなかった。
さすがにソロは無理なのでオンラインCOOPで挑んだのだけど、敵のレベルがひたすら高いだけで特にこれまでのミッションと違いはなく、なんだか拍子抜けだった。
どのゲームでも頂上が見えてくるあたりで下山するという中途半端な性格なせいか、こうしてエンドコンテンツをクリアして、あとはこのソーティミッションやその他の高難易度ミッションの繰り返しで、ひたすらキャラ強化に終始するだけだとわかってしまうと、モチベーションの維持がやや難しい気がしてきた。

そんな折、SteamでPath of Exileのアップデート通知がデカデカと表示されていた。
こちらもF2Pゲームながら非常に高品質なゲームで、Warframeの時と同じように数年前からほとんど起動していないような状態なので、久々にプレイしてみることにした。