2018/05/30

落書きと内なる紛争

gqrqgqrtgetqteqrereqrqe.jpg

最近は意識的に肌を塗る練習も兼ねた絵を描くようにしてるんだけど、露出度が上がると当然考慮する部分が骨格くらいに収まるおかげで、凄く描きやすくて楽しい。
一方で、ファッションセンスゼロにも関わらず肌を露出させるためにでっち上げた突飛な衣装の数々には、目を瞑るしか無い。

だいたい生まれてからこれまで一度もファッションについて理解できたことが無い。
時代の流れでコロコロと流行ったりダサくなったりする曖昧な基準をみると、実のところファッションとは、ファッション業界がでっち上げて集合的無意識に根付かせることに成功した壮大な妄想なんじゃないかとすら思う。
ハーフライフの科学者が「なんで俺らこんなバカげたネクタイしてんだ?」って愚痴るセリフなども、まさにそのとおりとしか言えない。



一昔前まで着物や作務衣とか着てた奴らが、ビジネススーツとか着出して首から垂れ下がってる紐の色や、襟や袖、裾から出るシャツの色とかにこだわったりなんかしてるのを見ても、一体何が起きてるのかさっぱりわからん。
と、こんな具合で俺にとってファッションはもはや敵視するに至るほどの無理解極まる存在であり、人は理解できないものに恐れを抱くものである。
とはいえ本音を言えば、よくわからないながらも実際にかっこよく見えたりそうでなかったりする色やシルエットの組み合わせが存在するという事実があるのは否定出来ないので、何かをデザインしなくてはならない状況に立ち会った際には、パリコレの奇異なファッションなどを見て自分を勇気づけるしかないのだった。


Wfr2jofewqojfq1.jpg

Warframeで、メインクエストの一つ「内なる紛争」をクリアした。
これまでのクエストのような、ひたすら寡黙なフレームにロータスが一方的に指令を出したり取り巻きが騒いでいるだけのものとはうってかわって、かなりドラマチックなクエストとなっていた。
その理由は明白で、内なる紛争の前のメインクエストで存在が明るみになった、フレームの中の人であるオペレーターにフォーカスが当てられていることが大きな要因だろう。
このオペレーターはプレイヤーの化身という立ち位置でありながらも、主人公として固有の意思を持ち会話にも参加する。
そうして、今までストーリーを回す役割をロータスや他の主要人物などの第三者に委ねられていたところを、主人公であるオペレーター自身が担うようになったおかげで、かなり臨場感が増したように感じる。

Wfraojeioqjoqgq2.jpg

gqerqoqtqoqgjqowf3.jpg

展開もかなり熱く少年漫画と見紛うようなシチュエーションがあったり、非常に絵になるカットシーンなどが随所で挿入されてストーリーを盛り上げるのだが、実のところロータス以外の主要人物をまともに把握していないため、ちょっとよくわかんない奴らが熱い展開やってる!といった程度の認識に留まる。
なんだかとてつもなく強キャラ感醸し出してるTeshinという男や、なんちゃらクイーンとか、正直超がつくほどの重要人物であるのだろうけどほとんどわからない。
これらは数年のブランクといくつかの斜め読み、イベントスキップなどによって生み出された状況であるが、そもそもこれまでのストーリーが難解で抽象的すぎたのが悪いんだと開き直るしかなかった。
今回のクエストで中心人物の一人であり、オペレーターにある役割を押し付ける首謀者となるTeshinも、俺の中ではぽっと出で厚かましくも師匠ヅラしてるやつでしか無く、Teshinの予期せぬ行動の数々に振り回されるオペレーターとの感情の温度差が激しいままクエストクリアに至った。

gqefqgiqoeqrqwf4.jpg

qefqgrfqjgqowf5.jpg

このクエストをクリアすることで、ゲーム中任意にフレームからオペレーターへと転移することができるようになり、オペレーターのVoidモードが必須なミッションやいくつかの攻略に役立てることができるようだ。
さらに、フォーカスというオペレーターの成長要素などもアンロックされRivenMODと呼ばれるランダムに性能が変化するMODの存在も明らかとなった。
これまでひたすらMOD集めと武器強化に終始していたゲーム内容だったが、ついにエンドコンテンツに近づいてきた実感が湧いてきた。
とはいえ、未だにMODは手に入れてないもののほうが多いし、RivenMODが入手できるソーティミッションも敵が強すぎて手が出ないしで、エンドコンテンツの全貌に触れるのはまだまだ先となりそう。
だいたい、足掛け3年という長いスパンでプレイしてるにも関わらず、LokiとOberonとRhinoの3体しかフレーム持ってないという現状がおかしいので、そのあたりから少しずつ改善してエンドコンテンツに挑みたい。
スポンサーサイト
2018/05/26

落書きとクブロウ孵化

qegeqqegqerqegqewrqe.jpg

デフォルメって頭の大きさを基準として体のバランスを取るもんだと思ってたけど、実際に根幹的な基準となるのは頭というより目な気がしてきた。

WFRREWREIWOROW1.jpg

Warframeのクブロウが孵化したので、見た目通り「イノブタネコ」と命名したのだけど、さらに一段階成長して豚と猫要素がどっかいってしまった。
というかあんま可愛くねーぞ…。

WF_qefqieogqjhioqjfq2.jpg

クブロウはミッションに連れて行くことができるようだけど、なんだか面倒臭そうな香りがぷんぷんして結局放置している。

WF_gqewifjqigoqji3.jpg

以前に書いた、左肩に乗ってた感染体のかけら絡みの要素なのか、自船であるオービターのとある一室が開くようになっていた。
中にはグロテスクな手術台がこしらえてあって、使用すると有無を言わさず肩の感染体を除去してくれるようだ。
特に何の説明も無いので結局謎のままな上に、除去してから何度かミッションプレイする内にまた再発してるしで、結局いまいちよくわからない。
2018/05/21

落書きとブログカウンター

wqefqgqgrqrtqrqgqerqerqrqrqe2.jpg

ブログのカウンターが合計10万間近になってることに驚いた。
もはや誰かが見ていようが見ていまいがどうでもいいという境地でネットに向き合っていたから存在を忘れていたけど、10万ヒットは俺自身で踏みたいという欲が出てきた。
そして、10万ヒットのキリ番をゲットしたのは俺です♪っていう悲しい小ネタをプロフィール欄に追加するのだ。
しかし、10万という数字もおそらくその9割どころか、95%以上がスパムや業者のBOTによるもので、残りの5%は俺自身が踏んだ分とたまたま通りすがっていく人々によるものであることは間違いないのだが、それでもちょっとした田舎町の人口レベルにカウントされてるというのは驚きだ。
といっても、ページ更新するたびにカウントされるようなガバガバ設定のカウンターだし、10年以上も設置されてるようなシロモノだから、それくらいカウントされていてもおかしくないのかもしれない。

Warframeの方は、相変わらずしょぼい装備とフレームでこれ以上無いほどしょぼく遊んでるんだけど、クエストを進めていく内に中の人が登場したのはかなり意表を突かれた。

qfqegqgqqgqwf1.jpg

フレームの中の人のキャラメイキングを、初プレイから数年越しでやるハメになるとは思っていなかった。
このオペレーターと呼ばれる中の人要素は、ブランク期間のうちにアップデートでたくさん追加されたうちの一つと思われるんだけど、戦闘中に溜まっていくキチガイゲージがマックスになることで強力な中の人レーザーが出せるというシロモノ。
たしかに使うと強いんだけど、ゲージが溜まった時に特別な音が鳴るとか演出がないせいか、激戦中にはほぼ存在を忘れていてなかなか使う機会がない。

wagaegqfqgqeqfwaf2.jpg

それから、クブロウというペット要素にも触れてみたのだが、卵が孵るまでスゲー時間かかるせいで、まだどうなるのかさっぱりわからん。
F2Pゲームだから仕方ないけど、こういう時限式でプレイの進行を妨げる要素って大嫌いだ。
残り時間1日と23時間59分とか、遊びにきた孫に対して「クブロウの卵が孵る瞬間をこの目でみたい」って常々口にしていたような、余命1日のご年配に対する配慮が足りない。
とはいえ、課金クレジットであるプラチナによってそういう待ち時間を一気に吹き飛ばすことができるんだけど、そういったお年寄りが複雑なネット決済という段取りを踏んで、プラチナの購入をクリアできるかといったら疑問が残る。
クブロウの卵が孵る瞬間をみたい。しかし、プラチナの買い方がわからない。かと言ってプラチナの購入を代行してもらって孫の手を煩わせるには忍びない。
といった心持ちのご年配の方々が、クブロウの卵が孵る瞬間をみることのできないまま亡くなっていくという現状を遺憾に思う。

あと、アークウィングミッションなどという、Warframe最大の魅力である軽快なアクションと爽快感そっちのけで、なぜか飛行ユニットを使った宇宙空間でののっぺりした3次元シューティングをしちゃうミッションがあったりするんだけど、これが死ぬほどつまらない。

qewfgqegqrfafwawf3.jpg

しかも、追加のオマケ要素に留まらず、メインクエストの一環だったりするからタチが悪い。
その上、このアークウィングミッション専用の飛行ユニットや武器などが用意されていて、通常兵装と同様に強化していかないといけなかったりするのがひたすら面倒くさい。
マジでアークウィングミッション死ぬほど嫌いなご年配の方々に対する配慮が足りない。

qegqrqgqwfeqwfqwf4.jpg

全然関係ないけど、いつの間にかフレームの左肩にこじんまりした感染体みたいな物体が乗っかってるんだけど、一体何なのだろう。
特にこれといった害は無いんだけど、ピロピロと触手みたいなの揺らしてるのがすごく気になる。
2018/05/16

落書き

1r1rffgg4r11.jpg

未だに服のシワとかいちいちじっくり考えてしまうんだけど、その上さらにチェストリグやタクティカルベストなんかを重ね着させるとひたすら難儀することになる。
シワひとつ描くにしても、素材や生地の厚みなんかでシワのできかたが変わり、生地の縫い目や継ぎ目などがまた新たな障害となって立ちふさがる。
とにかく脳内のイメージだけで処理しようとするとキリが無くなったり追っつかなくなるので、次第に深入りしないようになっていったものの一つである。

最近またWarframeで遊んでいるが、地味に回線の弱いプレイヤーに優しい仕様でいろいろありがたい。
特に、ソロに限ると思われるがプレイ中にネット回線が切れてもログイン画面に強制的に飛ばされるなんてことにはならず、引き続きプレイが継続できる上に、ミッションクリア後もリザルト画面で待機していれば、回線が繋がり次第マスターサーバーにリザルトを反映してくれるという、クソ回線に振り回されてる自分にとっては至れり尽くせりなゲームなのだ。
ただ、攻略サイトなどで情報収集などもせぬままずっとやってるせいか、未だに全容をつかめないシステムが多い。
試しにオンラインに行くと自分のキャラクターがヒーコラ言いながらやっとの思いで倒してるような敵を、すれ違っただけで一瞬の内に葬り去るようなわけわからないレベルのプレイヤーがごろごろしているので、そもそもの遊び方が間違ってる可能性すらある。
2018/05/10

落書きとSleepway camp

eqgftrqerqqtgeqrqerqgqeqerq.jpg
432ty5tfg45t42g5g.jpg


先日、久々にPCがブルースクリーン落ちして、Clip Studio Paintのブラシ設定がリセットされてショック。
おかげで、俺の会心の出来だった点線ブラシが電子の藻屑と化したぜ。
ちなみにクリスタは、アプリ終了時に限り各種設定を保存していると思われ、不正終了などの予期せぬタイミングでプロセスが死ぬと、作業中に作ったブラシやその設定などが起動前の状態にリセットされるという謎の仕様である。
そのため、ブラシカスタマイズしながら長時間使用したり良い感じのブラシ設定が出来たらキリの良いところで再起動しないと、段々と全ロストの不安感にさいなまれる。
そもそも、ツール設定等の変更があったらその都度設定ファイルに保存する仕様にすればこんなことにならないと思うのだけど、ブルスクやエラー落ちなどもそこまで頻繁に起こるわけではないので、とりあえずは火急な問題でもない。
だいたい、使ってる人がいるのかイマイチ謎な3D機能や、一般人にとって「さて描くか」と手軽に着手できるわけもないアニメーション制作機能など、メインユーザーと思われるターゲット層置いてけぼりでよくわからない方向性に強化されてくトンチンカンなソフトなので、よくわからない挙動の一つや二ついい加減慣れてしまった。

ところで、Youtubeのおすすめ動画に並んでいた、ホラー映画の気味の悪いシーントップ10という趣旨の動画内に、やけにインパクトの強いシーンが一つあったんだけど、まるで状況がつかめない。

局部モロ出しだったりショッキングな映像のため一応閲覧注意


このように、女性顔の人物がちんこ(?)丸出しで大口開けながら呻いているという謎の絵面と、別カットでの「god! she's a boy!」という男性のちぐはぐな台詞など、わけのわからなさもあって嫌でも記憶に焼き付いてしまいそう。
ちなみにこのSleepway Campという作品は、サマーキャンプインフェルノという邦題で国内で放映されたようで、知る人ぞ知るといった傑作との評価をどこぞで見かけたのだが、残念ながらNetflixには無いので視聴できなかった。

gqeqgtrhthyroom.jpg

糞ゲーを返品したときのSteamウォレットが余っていたので、The ROOMというパズルゲームを購入。
簡単に言えば脱出Flashゲームのような、パズルというよりはクリックできるところを探すタイプの観察力が物を言う謎解きパズルで、教養のない俺のような人間でもかなり楽しく最後までプレイできた。
2時間足らずでクリアできてしまうほどの値段相応なボリュームで、正直物足りなさが残ったけど、仕掛けを作動するたびに小気味よく動く装置のアニメーションがやたらめったら凝っていたので、そのあたりのギミックのこだわりに対してこの値段はむしろ安いほうかもしれない。
似たようなタイプで、The Testament of Sherlok holmes というホームズゲームがあったけど、あれも推理そっちのけでほぼ全編パズル解いていく感じで非常に楽しめた。

そういえば、詳しくは知らないのだけどシャーロック・ホームズのゲームにて、ワトソンがホラー映画並のフットワークを見せるものがよくYoutubeのホラーゲーム特集で紹介されている。



なんでも、ワトソンの歩きモーションを用意していなかったため、やむなくホームズの死角にテレポートさせる仕様にしたらこうなったらしい。
2018/05/04

落書き

erqgqegqreeqgeqqerqtqerwgq.jpg

本当に書きたい文章が一切思い浮かばなくなって、無理矢理にでも書けなくなってきたので、ネタがないときは潔く諦めることにした。