FC2ブログ
2018/03/31

落書きとShroud of the avatar

qgreqrqgqrhqrqqgq.jpg

宇宙よりも遠い場所の最終回を見たが、後腐れ無く綺麗さっぱり終わってくれて非常に良かった。
ネットで知ったこの作品の略称が「よりもい」というのも、いくつかの似たようなぶっ飛んだ略称がつけられた作品を通していい加減慣れた。
俺が好きになるアニメ作品って、大抵1クールで中途半端に終わって、その後は売上不振で続きが作られることの無いものが多いけど、これは既存の原作などが無いオリジナルアニメというものらしく、13話の尺でしっかりまとまって終わるように作られてるだけあって、スッキリ見終えることができた。

ところで、作中でも何度かペンギンが登場していたけど、アニメ視聴と同時期に偶然ネットで見かけたペンギンの映ってる画像に、とてつもなく印象に残ってる画像(GoogleImage検索)があった。
具体的には、どこかの水族館の閑散とした(というかすっからかんの)駐車場を背景に、それを眺める飼育員のお姉さんとペンギンの哀愁漂う後ろ姿が映っているというもので、おそらくは、ペンギンショーに向けて日夜たゆまぬ訓練を続けてきたパートナーなんだろうけど、とにかくちらっと見ただけで色んな背景が想像できて悲しくなると同時に、ショーに足を運びたくなる強烈な画像だった。
ペンギンと言うと、俺の中ではナマケモノに次いでマイペースな生き物というイメージが定着しており、そういった固定観念もあってか、そんなマイペースなペンギンですら悲しげに駐車場を眺めてる、という様が胸にひたすら響く。
とはいえ、ペンギンショーというと、飼育員のお姉さんがペンギンを餌で釣って、寄ってきたやつらを片っ端から滑り台に誘導しては滑らせを繰り返し、なかなか滑ろうとしないペンギンに対しては、お姉さん自ら半ば強引に背中を押して笑いを取るという、ショーというよりは物理法則の実験と言ったほうが近いレベルの内容のものしか見たことが無い。
もしかしたらもっと高度な芸をするペンギンショーもあるのかもしれないが、俺が過去に数度見たペンギンショーはどれもそんな感じだったし、ペンギンって構造的にもなにかできそうな部位が見当たらないというか、むしろ滑り台を滑るためだけのフォルムにすら見えてくる。
仮に、全国のペンギンショーがそのような、ペンギン達の滑落する様をただただ眺めるものだけであると仮定した場合、この哀愁漂う後ろ姿の画像がこれ以上無いほど限りない怠慢に見えてくるから不思議である。

20180331170539_1.jpg

まるっきり関係ないのだけど、先日、Shroud of The Avatarが正式リリースされた。
アーリーアクセス時点で購入して、よくわからないながらも多少プレイしたまま放置していたのだけど、この度の正式以降に伴って、久々にプレイしてみたら、やっぱりよくわからないままだった。
UltimaシリーズやUltima Onlineで有名なリチャードギャリオットによるUOの後継作ということで、そういった後継作らしいシステムなんかも随所で見られはするんだけど、それ以上にちょっと古めかしい時代錯誤なシステムの数々が散見されて、とにかくなんかよくわからない気持ちになる。
この気持を言葉にするなら、おもすろくないくもなす、みたいな感じでよくわからない。
ちなみに上の画像は、8人位の盗賊にいっぺんに絡まれるの図である。
8人もの盗賊に絡まれたとしても、ツーハンデッドソードとそこそこ鍛えた戦闘スキルでわりとどうにかなってしまうのだ。
どうにかなってしまいはするけどやっぱりよくわからないよこのゲーム。
スポンサーサイト
2018/03/26

落書きと雑記

gqgqrhhrqqtqgqetht.jpg

初代プレイステーションゲームの好きなキャラを描いていたが、いくつか描き終えるうちに、ベースカラーが青や紫系統のキャラクターに好みが偏ってることに気づいて驚いた。
ちゃんと伝わるか疑問だったりマイナーすぎる作品もあるので一応解説すると、左上からデュープリズムのミントにマヤ、ブレイブフェンサー武蔵伝のトポと続き、ワイルドアームズ2のマリアベル、ネオリュードのアリア、スターオーシャンのレナにブレスオブファイアー3のモモ、Serial Expriments lainのレインである。
普段はオリジナル性のかけらもないオリジナルキャラばかり使って落書きしてたから、こんなに版権キャラを描いたことっておそらく初めてだ。
ところで、スターオーシャン2のレナはオフィシャルアートではよく見ると左手に剣を持っているのだが、ゲーム中は基本的に魔法詠唱主体であり、近接戦闘した場合でも剣なんて微塵も使わずバリバリ素手の武闘派だったはずで、描いててかなり困惑した。

話題を変えて、宇宙よりも遠い場所というアニメを見たのだけど、女性数人が主人公でありながら珍しく恋愛や日常系ではない方向で、ドラマ性のある作品でかなり楽しめている。
女子高生3人と女子高生じゃない一人の計4人が、南極へ行くためにあれこれ頑張る作品で、宇宙兄弟とかふたつのスピカのような、目標に少しずつ近づいていくタイプの作品に出会うのは久々である。
それにしても最近の女子高生アニメは、アニメとはいえとにかく見境なくなんでもやってる気がする。
アイドルになったりバンド活動したりなどはまだ考えられる範疇だけど、旅館の仲居をしたりロケットで宇宙に行ったりとか、果ては戦車で他校と戦車戦繰り広げたりするものまであって、女子高生とはなにかといった究極的な疑問にまで昇華するほど何でもこなしていて驚く。
日本のドラマや海外ドラマの方でもネタ切れなのか、かなりぶっ飛んだ設定の作品が目に見えて増えてきたように思うけど、同様の流れがおそらくオタク文化の方面でも少なからずあるのだろう。
今後10年20年と時間が過ぎた時に、今の時点でもすでにネタ切れ感のある娯楽文化がどのような変遷を辿っていくのかかなり興味深い。
2018/03/21

落書きとTom Clancy's The Division

gqgqtrqgqrtqgqhqerqr.jpg

特別メイドが好きなわけじゃないんだけど、メイド服は黒と白で明暗はっきりしているから描きやすい。
適当に黒と白で、フリルつけたり頭のなんかひらひらしたのつけるだけでメイド服っぽくなるから、デザインもしやすくいちいち資料見る必要無いのも手軽で良い。
普段落書きするときは、バランスだったり顔や手とか服など部分的に練習を兼ねて力を入れてたりするので、厳密には落書きというより練習絵なんだけど、なぜかジジイやババアを描くときだけは、そういった制約全てとっぱらって勢いだけでものすごい開放的に描けるから楽しい。
それはともかく、色んな頭身やバランスで描きまくってるせいなのか、やたら頭身高くなったりしても慣れによってあまり違和感ない気がしてくるようになってやばい。
頭身の高さに定評のあるキャプテン翼などもこうして少しずつ少しずつ頭身が伸びていって、あのような事態になったに違いない。

ところで、半年以上前に購入してから、ほぼソロでちまちまと進めていたTom Clancy's the Divisionだけど、先日ようやくメインストーリーミッションをクリアしてLV30に到達した。
このゲームのエンドコンテンツはLV30からの装備トレハンがメインで、LVがカンストする代わりにギアスコアと呼ばれる装備品の合計品質値が、LV代わりにキャラクターの強さの基準値として置き換わる。
ギアスコアの高い装備を手に入れるためにはその分難易度の高い場所で敵を倒したり、ミッションをこなしたりしなければならないのだが、これまでの度重なるアップデートによるものなのか、クリア後のドロップ品の品質が体感的に高くて甘い感じで、ストレス無くスムーズにギアスコアを増やしていけてすごく楽しい。
思い返すとこういったエンドコンテンツにまで到達できたゲームってGrimdawn以来かもしれない。
WAKFUにしろTESオンラインにしろ、とにかくエンドコンテンツに行く前に疲弊してフェードアウトする感じなので、小規模オンラインではあるもののMMOに似た内容の作品を最後まで遊べた事実は俺の中でかなり大きい。
とはいえ、Grimdawnは拡張パックがリリースされる前に冷めてしまってすっかりやらなくなってしまったし、このDivisionも時間の問題なのだろうけど、なんだかんだで飽き性の俺がクリアまで進められたほどに良質なゲームなのは間違いない。

Dvn1.jpg
2018/03/16

落書き

gfeqrrqfgqeq.jpg

今でもたまに無性にコメディやギャグ漫画描きたくなったりするんだけど、俺自身が腹抱えて笑えるようなギャグやシチュエーション思いついて、実際にネームを描いて最終的に30ページ位のものが出来上がっても、その次の日に、そのネームを見返した頃には渾身のギャグシーンも真顔で反応してしまうほどの、前日との温度差が激しい問題が立ちはだかって最後までモチベーションが続かない。
特に漫画は手早く形にできるような文章などとは違って、コマ割りや全体の流れの調整のために何度も反芻しなくちゃならないため、この漫画が出来上がる頃にはこのネタも冷めた視線どころか死にたくなるレベルにまで落ちてるだろうな、という暗い気持ちが大きくなって最終的には最後まで楽しくできるいつもの落書きに戻ってしまう。
2018/03/10

落書き

ggwgwhwhaggafafeee.jpg

どんどん新作ゲームがSTEAMストアに並ぶ一方で、その勢いと反比例するかのごとく俺の購買意欲がみるみる減っていく。
ストアに並ぶゲームのそのどれもが、過去にプレイしたゲームの焼き増しに見えて、単純にゲーム自体に飽きているという面も少なからずあるが、根本的なところに脳の老化みたいなのが関係しているような気がする。
脳が疲労したり老化してくると新しい刺激に対して鈍感になったり、忌避するようにすらなるという話を、何処かで読んだか過去の俺がでっち上げたかした記憶があるので、その真偽は置いておくとしても、新鮮味やモチベーションなどの経験に起因してくるものや、脳そのものの性能といった、いずれは衰退していくものに固執したり抗おうとするのは非常に困難なことであるため、結局のところはそういった変化も淡々と受け入れていくしかないのだろう。