2017/06/24

落書きとESO

qerqtqytre2qtfq.jpg

Screenshot_20170624_182844.jpg

以前1ヶ月ほどプレイしたエルダースクロールオンライン(ESO)を再開した。
ついでにDMMの日本語版を購入して日本語環境でプレイできるようになったので、英語辞書片手に四苦八苦することはなくなったのが嬉しい。
ちなみにこの日本語版、日本語字幕だけかと思いきや、なんとあの膨大なテキストを全て吹き替えしているというのだから驚き。
相変わらずどこに行ってもクエストがあるような状態で、自分のプレイペースだと全てのクエストこなすより先に寿命が来てしまいそうな勢いだ。
スポンサーサイト
2017/06/22

無常の すごい うんこ

erwwrtgwegwhtwrhgwwrtw.jpg

この世の何一つ、あらゆるもの全てが常ならぬものであると理解を深めた上で、何かを作ったり書いたりと言った創作活動にどのように向き合うべきなのだろうか。
また、そういった無常をありのまま見つめ究めた先の境地において、なお創作意欲というものは湧いてくるものなのだろうか。
そういったことをスゲーうんこしながら考えていたが、ここ数年間で最高峰の健康的なうんこが出たことによって
「普段常にお腹壊れてるのに、どうしてたまに理由もなく凄く健康的なうんこが出るのだろうか?」
という疑問に心がシフトしていく。

それはともかく、以前にDアニメで見たカレイドスターを再び見直しているのだけど、やはりメチャクチャ面白い。
カレイドスターを知らない人にとっては、この記事のタイトルの意味を見いだせずに俺の頭が壊れているのではないかと戸惑ってしまうだろうが、単にこの作品の予告タイトルを真似たものなので気にしないでもらいたいし、俺の頭が壊れているのは今に始まったことではない。

そんなわけでここ数年でDアニメで見られる様々な作品に触れてきたけど、好みだった作品の記憶を辿っていくと、主人公がわかりやすく成長していく物語が多かったように思う。
具体的には、先のカレイドスターを始めとして十二国記や宇宙兄弟、プラネテスから果てはロウキューブと言った具合。
どれも登場人物の成長を露骨に疑似体験できる作品で、成長のまるでない俺にとってはそれが作品に強烈に引き込まれる理由の一つなのかもしれない。
ちなみに上記はスポ根テイストのものが多いが、他のジャンルもたくさん見ている。
例えばコメディ作品では斉木楠雄の災難がテンポよくて凄く面白かったし、雰囲気作品では蟲師が信じられないほど楽しめた。
最近の新作アニメなども見てはいるのだけど、基本的に12話構成で登場人物のディテールがようやく掴めてきたというあたりで最終回を迎えてしまうものが多いため、あまりハマらないのが残念。
ラノベ原作のアニメなどもテンプレ傾向が強いとは言え楽しめるように創意工夫がなされているものが多いし、オーバーロードなんかは最高に面白かったが、やはりどれも1クールで終わってしまって続編も作られていないため記憶の底にすぐ埋もれてしまうのだ。

そんなわけで、「好きなアニメは?」と聞かれたら、相手の性格やオタク趣味がいけるか否かなどの諸情報を精査した上で、先程名前を挙げた作品の中からギリギリ引かれないラインのタイトル一つを抜擢することになると思うのだが、ロウキューブだけはこのブログ記事を最初で最後の記述として、心に封印しておくべきなのは間違いない。
2017/05/24

落書きとその他色々

qerqt31141ga.jpg

このごろ日に日に描くネタがなくなっていくし、それにともなってアップロード用の落書きスペースすら埋めるのも億劫になっていく始末。
ついでに人体のバランスがゲシュタルト崩壊みたいにわけわからなくなってきている。
それはともかく、Dアニメで現在配信中の「アリスと蔵六」ってアニメの絵柄、どこかで見たことある懐かしい感じがしていたのだけど、エイリアン9の絵柄に似ていることに気がついた。
最初の1話しか見ていないけど、こういうあまり他のアニメじゃ見かけない絵柄で動いている作品はなかなか興味深い。

ところで最近は、Youtubeでニュース記事などのコピペ文章を音楽と共に垂れ流すだけの動画を無闇やたらとアップロードしているやつを、地球上から一発で消せるボタンの開発方法を真剣に考えていた。
人類規模の非常に厄介な問題で、恐らく動画をアップロードしている本人たち以外の誰もが俺と同様の考えを持っていることは想像に難くないのだが、とにかくいくつか思いついたものの中で一番現実的なのはたった一つだけだった。
それは、精巧な世界のシミュレートを行える演算装置が実用化されるのを待ったのち、現実を装置内に正確にコピペし電脳空間化。
さらに自分も電脳化することで電脳空間内への侵入を可能とし、Youtubeに文字だけ動画を上げている条件に一致する人物を一発で消滅させるプログラムをスイッチとして電脳空間内に組み込む。
いよいよもって電脳空間内に侵入し、しかるべきときにボタンを押す。
Youtubeに文字だけ動画を上げている奴が消滅したことを確認し、Youtubeに文字だけ動画を上げている奴がいなくなった電脳空間内を現実世界として生きていく。
ついでに、電脳空間内の全てのウォシュレットのボタンを消滅ボタンと連動させ、その後新たに誕生する文字だけ動画のアップローダーの消滅を自動化することで、半永久的に文字だけ動画アップローダーが消滅し続ける電脳空間の完成である。

とはいえ結局のところ、今の俺にできることはコンピューターの性能が上がるのを待つことだけであり、己の無力さを嘆くしか無い。
可愛い動物の動画を見よう検索した幼き者達が膨らむ期待を胸にリンククリックしたその先に、フリー音楽素材とともに下から上へとただただ流れていく文字だけ動画があり、計り知れない衝撃と落胆に苛まれて今もなお苦しんでいるかと思うと気が気でならない。
2017/04/30

落書きと雑記

aafqaetqqrertttafq.jpg

単色で描くのが楽で好きなんだけど、7年くらい使いっぱなしの発色の悪い液晶モニターだとたまに明暗が潰れてわけわからなくなる。

セールだったのでSniper Elite4を購入したのだけど、シリーズ通して最高レベルに面白い。
チャプターごとに用意された中規模のマップで、複数ある主目標と副次目標を達成していくオープンワールド気味なゲームデザインになっている。
チャプターが進むとロケーションもガラッと変わるので飽きにくい作りになっている。
やることは1作目から殆ど変わっておらず、もうこのシリーズも飽きたな、とストアページで新作の告知が出るたびに思っていたのだが、なんだかんだで気付いたらZombie Armyトリロジー以外の全作品を購入している不思議なタイトル。
やはり弾道描写の演出が病みつきになる一因になっているのだろうけど、一筋縄ではいかない狙撃も未だにまともに当たらないくらい難易度が高いので、そういった部分でも向上心を刺激してくれて未だに飽きないシリーズだ。
2017/02/12

落書きとソフィーのアトリエ購入

qrqrqrqreqrq

毎回酔った勢いでブログ更新してるせいか、あとで見返したときに色々訂正したくなる部分が出てきて精神衛生上よくないので、見返さないことも時には必要だとわかった。


ところで先日、ソフィーのアトリエを購入した。

アトリエシリーズはPSPのアーカイブでDL購入した、マリーだかエリーだかのアトリエしかやったことがなかったのだけど、なんとなくSTEAMストアに並んでいるのを見つけて買ってしまった。

合わなかったら返金しようと思いつつ数時間プレイしてみた所、かなり楽しめてびっくり。

RPG特有の戦闘テンポの悪さとか、ダラダラと長い上に飛ばせないストーリーに無理やり付き合わされることもなく、比較的軽快でさっくりと遊べる内容で驚いた。

調べてみたら、アトリエシリーズ17作目ということで、それだけの土壌の上に成り立つゲームであると考えると納得。

あと、主要人物のモニカをなんだか妙に気に入ってしまった。メガネ付属で気に入ったキャラって初めてかもしれない。

戦闘勝利ポーズでいちいちメガネ直すのが最高に可愛い。


20170210224031_1

ついでに、JRPGの知識がスターオーシャン4くらいで止まっているので、最近のデフォルメ3Dモデルの進化に驚きを隠せない。

これもう手描き必要ないんじゃないのかってレベル。

全く必要ないとまではいかないまでも、3Dモデルをメインにして細かい表情だけ手書きにすれば、アニメ制作のコストはわからんが制作時間は大幅に削減できそうな気がする。

実際のところは素人なので知らんし、アニメ含めた娯楽全てが飽和の後の衰退を辿りつつあってどうでもいい分野ではあるのだけど。


とにもかくにも、総じて作業ゲーではあるのだけど、テンポ悪くなりそうな部分をシステム的に上手いことカットしているおかげかあまり苦痛を感じない。

JRPGで最も時間のムダを感じさせられる単調な戦闘も、倍速設定できるのが良い。

倍速にしたところで時間を無駄にしているのは変わりないのだが、それでも選択肢が用意されているのは嬉しい部分だ。


20170210225709_1

あと、登場人物のファッションセンスが奇抜すぎて、ややついていけない。

こいつ仲間を装ってるけど実はラスボスなんじゃね?っていう出で立ちのやつが、モニカを含めて続々と登場してきてもうどうでもよくなりつつある。

こういう部分は、シリーズを通して徐々に慣れていくところを、いきなり17作目なんかに手を出したのがいけなかったのだろう。

とにもかくにも、珍しく最後までプレイできそうなRPGに巡り会えた。